ある社長は設備会社を経営していましたが、不況によって仕事が減り、経営が苦しくなりました。取引業者や従業員への支払いが滞るようになり、非常に厳しい経営状況に陥りました。

社長はなんとしても設備会社を継続したいと思い、一発逆転の方法を考えました。社長が考えた一発逆転の方法を紹介しましょう。

新規事業を提案し銀行から3億円の融資を受ける

社長は一発逆転をするために銀行から3億円の融資を受ける決断をしました。ただ融資をして欲しいとお願いしても銀行は融資しません。そこで社長は銀行に対して、自分が新規の事業を立ち上げる内容を提案しました。

社長の会社はこれまで返済の延滞は一切なく、銀行内では優良企業として格付けされていました。ですから社長が銀行を訪れると、銀行はとても快く迎えてくれます。

事業計画を元に新規事業について熱く語り、銀行に対してプレゼンをしました。銀行は社長の新規事業に対してすぐに3億円の融資を決定しました。担保など一切取らず、社長の今までの実績と新規事業の可能性に融資をしました。

SponcerdLink

無担保で銀行は3億円を簡単に融資してくれるの?

「銀行ってそんな簡単に融資してくれるの?」と思うかもしれませんが、これには理由があります。銀行は顧客に資金を融資して利息を貰って利益を上げています。

ですから事業の内容を審査して返済可能と銀行が判断すれば、いくらでも融資を受けることができます。社長には銀行に対して信頼がありましたから、銀行は融資を決断したのです。

社長は銀行から融資をしてもらった3億円の一部を、遅延している給与や下請け業者への支払い、仕入れ業者への支払いに使いました。仕事を円滑に進めていく上で、信用を失う事は致命的だと考えたからです。

信用を取り戻すために最低限必要な支払いを最優先しました。

新規事業も同時に展開していましたが、残念ながら一気に雲行きが怪しくなります。事業計画状は次々と受注できるはずでしたが、結局受注は大してできずに事業は悪化します。

これ以上事業を続けても先が見えないと判断した社長は決断しました。傷口が大きくなって同仕様も無くなる前に弁護士に相談しながら、会社の廃業と自己破産の手続きをしました。

この決断がとんでもない事態を引き起こします。

銀行が激怒して社長を訴え、口座からお金を勝手に返金させた

3億円の融資を行った銀行は騙されたと思い、社長が振り込んだ社員への給与や取引業者への支払いを、銀行が手続きをしてもとに戻しました。

「こんなことってあるのか?」と弁護士も驚いたほどです。銀行ですから振込した内容を操作することは確かにできます。それを実際に実行したことに驚きました。弁護士とすぐに検討して銀行に対して働きかけ、それぞれの銀行に戻されたお金を取り返すことができました。

社長は最初から騙すつもりではありませんでした。

しかし経営者ですから、最悪の事態も想定していました。このまま事業を続けていても、いずれ行き詰まってしまい借金が返済できなくなり、どうにもならない状況になると予測したのです。

SponcerdLink

自己破産をすれば債権者は手も足も出ない

自己破産を選択するとすべての債務・借金が免責になりますので、借金はゼロになります。借金はゼロになりますが自分が持っている財産はすべて没収されます。

社長はすでに何も持っていない状況です。債権者である銀行は激怒して裁判を起こしましたが、社長は合法的に融資を受けて返済できなかっただけの話です。

会社が破産してしまい、保証人である社長も自己破産しているわけですから、債権者である銀行はどこからも借金を回収することが出来ません。しかし、社長にはデメリットが有りました。今後5年間は自分が社長になって会社を興すことは出来ません。

友人からの協力で同業種にて再出発

社長は取引業者や友人たちから信頼がある男でした。銀行への借り入れは自己破産で飛ばしてしまいましたが、仕事上の付き合いがある人達には全て返済をしていました。

自己破産してしまった社長は実力が十分にありましたので、友人の協力を得て同じ業種で新しい会社を立ち上げました。破産した会社とは別の会社ですし代表取締役社長は友人ですが、実質の経営は元社長が切り盛りしていました。

元社長が取引していた業者を引き継いでいますので、社名と代表取締役が変わり、借金がない会社が立ち上がったのと同じです。

こういったことが出来るのは元社長が銀行以外の業者に対して信頼があったためです。下請け業者や仕入れ業者、社員を泣かして自己破産してしまうと、必ず恨みをかいます。恨みをかえば同業種での新規事業は不可能です。

これを避けるために社長はある意味計画的に破産したともいえます。

SponcerdLink

事業を継続するためなら銀行からの融資3億円を飛ばす

元社長は事業を継続することを第一に考えていました。自分の会社は破産してしまいましたが、友人の協力を得て同じ業種で新しい会社を作ることが出来ました。

銀行を泣かせて3億円を飛ばしたことに申し訳ない気持ちでいっぱいでした。本来でしたら銀行側は元社長の顔は見たくもないでしょう。しかし銀行もビジネスです。元社長が勤めている新規の会社のメインバンクなりました。

銀行は元社長の力を認めていました。ビジネスとは言え、心を鬼にして利益を追求する銀行はプロと言えます。

新しい会社の業績は借り入れがありませんから、キャッシュフローが潤沢です。余裕のある経営が功を奏したのか利益は右肩上がりで5年を経過しました。会社の代表取締役を元社長に交代し、倒産の経験を糧に更にパワフルな企業として活躍しています。

借金で首が回らないなら返済を止めればいい

借金で同仕様もなくなってしまったにも関わらず、再起した社長たちの事例を紹介しました。

いずれの事例もやむを得ない事情で借金を踏み倒してしまいました。何かあくどい事を考えて債権者のお金を奪ったわけではありません。銀行という巨大企業に対して不義理をするのは、やむを得ない面があります。

しかし、先々を考えるとどんな相手に対しても、借金はきちんと返済し続けるのがベストな選択でしょう。

ただ、どう転んでも返済できない場合は、自殺や夜逃げをする前に「返済できない」という選択肢について考えるのは全く問題ありません。自分一人が返済できなくなっても銀行が潰れることはありません。

そのために銀行は金利を顧客から得ているのです。しかし、社長である場合や個人であったとしても、亡くなってしまうという選択をすると会社は潰れて、家族や従業員は路頭に迷います。

周りに対してこういった迷惑をかけるのであれば、まず返済を止めることが先決です。そして再出発のための資金を確保してください。新しい資金を確保すれば、次の新しい局面が自然に見えてきます。

新しい局面の際に資金を手に入れることができれば、銀行に対して頭を下げて返済をすれば全く問題ありません。返済しようとする気持ちが何よりも大切です。