借金を多額にしてしまうと首が回らなくなります。生活費を削って返済しても、利息に追い回されて元金はあまり減りません。この首が回らない状態が長く続くと、心が病んでしまい、何もかもが嫌になってしまいます。

私自身も消費者金融・サラ金で多額の借金を抱え、高い利息を払っていたときは首が回りませんでした。最終的には仕事も辞めてしまい借金が払えなくなってブラックになりました。

こういったブラックリストに入ってしまう人間と、借金だらけの状況を一気に解決するために自己破産したり、債務整理をする人間がいます。私も今から思えば、自己破産していれば今の人生とは違う前向きな人生になれたかも知れないと思い起こします。

SponcerdLink

自己破産は悪いことではなく、借金まみれの状態を救済する制度

自己破産することに対して嫌悪感を示す人は結構な人数がいます。しかし、借金まみれの状態では本当にどうにもならなくなり、思考停止してしまいます。

多額の借金に苦しんでいる人は自己破産や債務整理を検討すべきです。借金を返し続けても元金は中々減りませんので、最終的には沈没してしまいかねません。

自己破産は日本政府が公的に認めている制度です。公的に認められているものを使うことは悪でもなんでもありません。むしろ新しい生活を作り直すための素晴らしい制度です。

自己破産をして免責が認められると、すべての借金がチャラになります。今まで必死に返済してきた借金は二度と催促されません。(罰金、税金、保険などの公的な延滞は残ります)

借金を苦にして夜逃げしたり、自殺を考えてしまうのであれば、公的制度である自己破産を使うのが賢明です。しかし、自己破産に対して間違った認識を持っている人がいて、自己破産に踏み切れない場合があります。

SponcerdLink

自己破産に関する間違った認識や嘘

自己破産することがあまりにもネガティブな内容だと世間では思われています。自己破産をすると全てを失うようなことまで目にしますが、決してそのようなことはありません。

自己破産に関する間違った認識を紹介します。

自己破産をしても厳しい取り立てが金融会社によっては続く

間違っています。自己破産をするとすべての借金がなくなります。仮に取り立てに来る金融会社があれば、それは違法行為です。警察に通報すれば刑事事件となったり、金融会社が業務停止になります。

自己破産をすると家族や親戚に取り立てが行く

行きません。連帯保証人に家族や親戚がなっている場合は別ですが、そうでない場合は家族や親戚は一切関係ありません。もし連絡がある場合は違法ですから支払う必要がありません。

自己破産をすると戸籍や住民表に破産した事実が掲載される

掲載されません。官報と申告した市区町村の破産者名簿には記載されますが、官報を一般の人が見ることはほぼ無く、破産者名簿も本人以外は見ることが出来ません。

破産者名簿は第三者が見ることが出来ない仕組みになっています。

自己破産をすると会社を首になる

首にはなりません。自己破産をしても会社へ通知が行くことはありません。もし債権者が腹いせに会社に対して密告したとしても、自己破産を理由とする解雇は法律で禁じられています。

自己破産をするとアパートなどの賃貸住宅を退去させられる

賃貸住宅の契約と自己破産とは一切関係がありません。自己破産をするときに家賃の滞納があれば、それも滞納してきた家賃も免除されます。もちろん、自己破産以降の家賃は通常通り発生します。

長期にわたる家賃滞納が続き、自己破産によって家賃滞納が面積になると、家主や管理会社との関係が悪化する場合があります。関係が悪化すると言っても、心情的なものですから気にする必要はありません。

自己破産をすると財産を失いホームレスになる

財産を失うのは間違いありませんが、すべての財産ではありません。持っている不動産や自動車、高価なものなどは没収されます。合計で99万円までの財産はこれからの生活のために保全されます。

自己破産をすると生活必需品や家財道具が抑えられてしまう

差し押さえられません。洗濯機、エアコン、冷蔵庫などの生活必需品は差し押さえが禁止されています。自動車なども評価額が20万円以下であれば手元に残すことが可能です。

SponcerdLink

自己破産をすると、年金、給料、生活保護費、失業保険などがもらえなくなる

一切関係ないくもらえます。自己破産によって借金が無くなりますので、差し押さえられる理由はありません。自己破産するまでは給与などを差し押さえられる場合があります。

自己破産をするとお金の管理をされて自由に使えなくなる

自己破産をする前までに持っていた財産は没収されますが、自己破産後に稼いだお金は自由に使うことができます。ただし、5年間以上はブラックリストに載りますので、新たな借入ができなくなります。

自己破産をすると選挙権がなくなってしまう

自己破産と選挙権は関係ありません。立候補も可能です。

自己破産をすると旅行や引っ越しができなくなる

出来ます。ただし、破産管財人がつくほど財産が多い場合は、手続きが終わるまでは裁判所の許可が必要です。

自己破産はネガティブだが人生再構築する前向きな行為

自己破産に関する色んなデマがネット上や噂で広まっています。貸金業者が自己破産させないように、意図的に情報を流しているのではないかと思えるほどです。

確かにお金を貸している側からすれば、自己破産されてしまうとたまったものではありません。ですから自己破産を推奨しないデマを流すことで、いつまでも債務者に返済させようよしているとも考えられます。

自己破産に関するネガティブなデマが、債務者が持つ自己破産を行使する権利を阻害している面があります。”借りたものは返せ”と習っていますから、返し続けようと努力しますが努力には限界があります。

これ以上返済し続けるのは限界だと感じる前に、自己破産や債務整理の情報を収集してください。

債務整理に関する情報

自己破産に関する情報