ブラックな私ですが、au walletクレジットカードがゴールドにアップグレード・ランクアップしました。au walletクレジットカードの枠は50万円でしたが、ゴールドカードにアップグレードしたことで80万円にクレジットカードの枠が増額です。

ブラックリストであってもクレジットカードを利用し続け、返済をきちんとしてクレジットヒストリーを作れば信用されます。

au wallet ゴールドカード

SponcerdLink

ブラックリストに載っていても信用を積めばゴールドカードを手にできる

ブラックリストに載っている私が、どうやってクレジットカードを作れるようになったかは下記をご覧ください。

600万円以上の借金を抱えて返済ができなくなり、数年間放置していたことがあります。何の自慢にもなりませんが、過去の自分はお金に対してルーズであり欲望に負けてしまう男でした。

そんな借金グセのある私ですが、放置していたサラ金・カードローンに対して前向きに向き合うようになり、1ヶ月1,000円ずつ返済し続けるようになりました。

この1ヶ月1,000円の返済ですが、元金や金利は一切減らないにしても金融会社に対しては結構な信用になります。金融会社は全く返済しない相手に対して強制執行をしますが、1,000円でも返済し続ける客に対しては長い目で見てくれるのです。

1ヶ月1,000円ずつしか返済できない期間が何年も続いた後、インターネットを使った仕事で少しずつ稼げるようになりました。稼いだお金をサラ金の返済にまわし、少しずつ返済額を増やして信用を積み上げます。

信用を積み上げたことで、思わぬ方向へ私は向かいました。

SponcerdLink

ブラックな私がauのiphone5を分割で契約出来た

アイフォンが爆発的に売れている時、私はアイフォンを持てるほどお金がありませんでした。それでもアイフォン5が欲しいなと思い、auショップに飛び込みました。

ブラックなので分割は難しいと思っていましたが、なんと分割での購入が出来ました。周りのみんながスマートフォンを使っている中、自分はプリペイド携帯でしたので寂しい思いをしていたのを思い出します。

アイフォン5を分割で購入した後、支払いを絶対に遅れないように注意しました。せっかく分割で購入できたわけですから、この地位をなんとしても維持したいと思ったのです。「たかがスマホだろ」と一般の人は思うでしょう。

しかしブラックリストに載っている人間は、スマホでさえも分割で買えません。一括で買いたくてもお金がありませんからスマホは高嶺の花なのです。その高嶺の花を手に出来たからには、食費を削ってでもauには利用料と本体の分割を支払っていました。

楽天クレジットカードかau walletクレジットカードを試しに申し込んでみては?

スマホの分割払いが出来てから数年後に、私は楽天クレジットカードを手にしました。楽天クレジットカードを手にした時もブラック状態でしたから、楽天クレジットカードの審査を通過したときは飛び上がるほど嬉しかったです。

クレジットカードがなくても生活は出来ますが、現在のようにインターネットで商品を買う機会が増えるとクレジットカードは必修です。ブラックリストに載っている人は、クレジットカードを作れないと思いこんでいます。

私も自分にクレジットカードは作れない思い込んでいましたが、楽天クレジットカードを限度額100万円で作ることが出来ました。

楽天クレジットカードを申込んだのは何気なくでした。

何気なく申込んだ楽天クレジットカードの審査は数分で結果が出ましたが、正直なところ半信半疑でした。自分の手元にクレジットカードが届いて、その楽天クレジットカードを塚ってネット上で買い物ができたとき、ようやく確信したほどです。

ブラックでも楽天クレジットカード

私のようなブラック状態でもクレジットカードがどうしても欲しい人は、試しに楽天クレジットカードに申し込んではいかがでしょうか。

残念ながらブラックリストと自覚している方の多くは審査落ちします。しかし私のように楽天銀行のVISAデビットカードにクレジットヒストリーがあったり、auでスマホの分割払いのクレジットヒストリーがあれば審査が通過するかもしれません。

SponcerdLink

クレジットカードが使えることで自分への投資ができ収益が増える

楽天クレジットカードやau walletクレジットカードを手にしたことで、私は大いに飛躍しています。飛躍できた理由はクレジットカードを使って、ネットビジネスのツールや情報商材を手にしたからです。

インターネット上で仕事をするにはいろいろな知識が必要です。

その知識は書籍から得ることも出来ますが、実際に手取り足取り教えてもらうには数ヶ月間教えてもらえる塾などに入る必要があります。

そういった塾的な機関の費用は30万円以上するため、クレジットカードでの分割払いが必修です。visaデビットカードでは分割支払が出来ないので入塾することが出来ません。

楽天クレジットカードを手にしてから分割払いが出来るようになりましたので、塾に入ってじっくりとネットビジネスやマーケティングを学びました。

まだまだではありますが、確実に収益は増え続けています。それほど遠くない時期に借金の完済も視野に入ってきたのは、楽天クレジットカードを手にして知識を得ることが出来たからです。

クレジットカードは生きていく上で必修ではありません。しかし、クレジットカードがあることで新たな知識を得て、新しい収益を得られる場合があります。

次の一歩を踏み出すためにも試しにクレジットカードを作ってみてください。