「連帯保証人なると破産してしまうぞ」と聞いたことがあると思います。連帯保証人には賃貸、借金などの連帯保証人がありますが、いずれも借り主と同様に、借金や賃貸の責任を負わなければなりません。

連帯保証人とは現代の人質制度とも言えます。

その連帯保証人がどういったものかを知ることで、誰かから連帯保証人を頼まれても断ることができます。

SponcerdLink

連帯保証人制度は貸し手にとってメリット満載

日本でお金を借りるときや賃貸マンションを借りるとき、連帯保証人を求められることが少なからずあります。最近は連帯保証人を求められることは減りましたが、それでも日本の習慣として連帯保証人制度は根強いです。

お金を貸す側を債権者、マンションをカス側を家主と呼び、お金を借りる側を債務者、賃貸マンションを借りる側を借り主と呼びます。

このとき家主や債権者は、連帯保証人に対していつでも債務を請求できる権利を持っています。債務者や借り主がきちんと支払いしている場合は、連帯保証人に対して何の連絡もありません。

ただし、法律上は債権者が債務者の返済有無にかかわらず、連帯保証人に対して債務の請求をすることができます。

連帯保証人は借金をした人、賃貸マンションを借りた人と同じレベルでの責任が発生します。言い換えれば、債務者や借り主と一緒になって借金をしたのと同じです。

お金や賃貸マンションは自分の手元には入りませんが、債務者や借り主の債務をいつでも肩代わりして返済しなければなりません。こういった理由があるため、親が子供に対して「借金の保証人にだけは絶対なるな」と教育するのです。

連帯保証人を通常は保証人と呼びますが、連帯保証人と保証人は別物です。法律上の保証人は連帯保証人よりも権限が強く、債権者から借金の請求が来たときは「まず債務者に請求しろ」と対抗することができます。

これは債権者にとっても面倒な作業なので、保証人ではなく債務者や借り主と同様に扱える連帯保証人を求めるようになっています。

保証人制度は貸し手にとって非常にメリットがある制度です。借りては立場が弱いので、貸し手の言いなりになってしまいます。

SponcerdLink

賃貸マンションの家主は敷金と礼金と前家賃と連帯保証人を求める

日本の賃貸住宅の制度は外国人にとって奇妙だといいます。家主は借り手に対して敷金(保証金)と礼金、前家賃、そして連帯保証人を求めますので、あまりにも借り主が不利だと感じるそうです。

家賃滞納の担保として敷金(保証金)を預けていますから、連帯保証人は必要ないはずです。しかし日本の家主は昔から連帯保証人を求めます。ただ、最近は賃貸マンションの連帯保証人の代わりに、家賃保証会社を利用することが増えました。

家賃保証会社に家賃の数%を支払って、いざという時に家賃保証会社に立替えてもらう仕組みです。最近の主な家賃保証会社は下記です。

  • 全保連株式会社
  • 日本セーフティー株式会社
  • 日本賃貸保証株式会社
  • 株式会社Casa
  • アプラス
  • エポスカード
  • オリエントコーポレーション(通称オリコ)
  • ジャックス (信販)
  • セディナ
  • ライフ (信販)
SponcerdLink

借金をする場合は連帯保証人を要求されることが多々ある

賃貸マンションの連帯保証人制度は家賃保証会社によって少なくなりつつありますが、借金の場合はまだまだ連帯保証人を求められます。

住宅ローンを借りる場合は保証会社がありますが、保証会社とは別に連帯保証人を求める金融機関が未だにあります。どこまで貸主は借り主の足元を見ているのかとウンザリする程です。

連帯保証人は親しい親戚などでなければ、引き受けてもらうのは困難です。それ故に悲劇がいつも起こります。連帯保証人に迷惑をかけたくない債務者が、生命保険金で完済することを目的とした自殺です。

生命保険の目的は自殺した人に対して保険金を支払うことではありません。生命保険は残された家族がリスクを背負わないようにするための制度です。

しかし「生命保険の加入後、2年を経過すると自殺したとしても保険金が下りる」という特約がついています。生命保険会社に対して疑問を持たざるを得ません。

命を代償にしなければならない借金などありません。借金をする場合に連帯保証人を誰かに依頼してはいけませんし、依頼されても断るようにしましょう。

連帯保証人を保証会社が肩代わりしてくれることでメリットになる

連帯保証人制度は日本の人質制度問われていますが、賃貸マンションを借りる際や、借金をする際の連帯保証人を求められる機会が減りました。その代わりに保証会社を利用するよう、家主や金融機関から促されます。

この家賃や債務を保証する会社が登場したことは、借り主や債務者にとって非常にメリットがあります。以前までは連帯保証人を立てることができなければ、賃貸マンションを借りたり、高額の借金は難しかったですが、今は保証会社に依頼すれば連帯保証人は不要な場合が増えました。

賃貸マンションの場合、借り主が家賃滞納をして連帯保証人に請求しても、払ってもらえなかったり値切ってきたりします。数十万円のために訴訟をすることも可能ですが、労力と時間を考えると損金として計上したほうが得策です。

連帯保証人ではなく保証会社の場合、家賃滞納や返済の遅れがあると、すぐに家主や債権者に対して返済してくれます。債権者や家主からしても、保証会社はとても重宝する存在です。

家賃保証会社や債務保証会社が台頭することで、債権者や家主、債務者は借り主両方にとってメリットを享受できるようになりました。昔から日本に残っている連帯保証人制度は、今後無くなる方向でしょう。

未だに連帯保証人を取りたがる家主や債権者は古いタイプなので、別の金融機関や物件を探したほうが賢明です。