SponcerdLink

クレジットカードやカードローン、借金の返済を一定期間延滞するとブラックリストに載ります。正確には「ブラックリストに載る」ではなく、信用情報機関(CIC)などに「この人は返済を延滞している」と掲載されることです。

クレジットカード会社やカードローン会社、銀行などの金融機関は、お金を貸し出したりクレジット枠を顧客に提供する際、信用情報機関で申込者の情報を調査します。

信用情報機関に「この人は返済を延滞している」と掲載されていれば、金融機関は申込者に対してお金を貸しません。この状態がブラックリストに載っているわけですが、生活していく上で不便さはそれほどないでしょう。

ブラックリストに載ったからと言って、どうにもならなくなるわけではありません。ブラックリストに載ってしまってローンが組めない機関は5~7年です。この期間をローンに頼らずにうまく過ごす方法を紹介します。

ブラックリストに載っても住宅を買って幸せに過ごしている人たち

ブラックリストに載ってしまうとローンが組めませんから、住宅ローンも当然組めません。貯金もなく、借金の返済や整理ができていないのに住宅ローンを申し込むのは間違っています。

住宅ローンの金利は非常に低いので、とても借りやすい状況です。数千万円の家を買うと、毎月の住宅ローンの支払いは、最初の10年間が全て利息に充てられます。元金は全く減りません。

その上、貯金もなくて借金も残っている状態で住宅ローンを組めたとしても、すぐに破綻するのが見えています。

きちんと債務整理をして、借金をなくし、ブラックリストの期間(5~7年)を経てから住宅ローンを検討すべきでしょう。ブラックリストの期間(5~7年)は長いですが、この期間に借金をしない生活を身に着け、計画的に過ごすことの大切さを学べば、住宅の頭金を貯めることが十分可能です。

借金体質に陥ると、お金を借りることに全く抵抗がなくなってしまいます。自分の収入以上にお金を使っても、何も感じないのは異常です。この異常な状態が通常になりますから、いつまでたっても借金体質から抜け出せません。

ブラックリストに載ってしまうのはとても残念なことですが、ブラックリスト中の5~7年間かけて借金体質から抜け出すよい機会です。わざわざブラックリストに載る必要はありませんが、カードローンやクレジットカードなどの返済を、何年も続けている人は債務整理をしてブラックリストになってしまうのもありかもしれません。

高い金利を何年も払い続けることほど馬鹿らしいことはありません。

数千万円の借金返済ができずブラックリストに載っても自宅を建てた

8年ほど前に他人の連帯保証人になり数千万円の借金を背負わされた人がいます。返済できるはずもなく、自己破産をして免責を受けました。

自己破産後はブラックリストに載りますから、ローンを組んだりクレジットカードを作ることは出来ません。しかしブラックリストから解放される5~7年の間に、金融の知識を学び、堅実な生活をし続け、住宅の頭金1,000万円を貯めました。

頭金1,000万円、住宅ローン2,300万円を組んで自宅を購入しました。住宅ローンの審査が厳しいと言われている都市銀行で住宅ローンの審査をパスしました。