SponcerdLink

以前の私はサラリーマンでしたから、安定して給与を貰えていました。サラリーマンを辞めて派遣社員、アルバイト、自営業と渡ってきますと安定感は一切ありません。いつ仕事が途切れるかがわからない状況が続いていました。

こういった状況が続きますと、家賃、水道光熱費等の滞納が頻繁になり、下手すれば電気が止まったり、家賃滞納でマンションから追い出されかねません。この不安を脱するために、私は出納帳をつけるようになりました。

以前の私からでは考えられないことですが、毎日きちんとつけています。お金を使った後に出納帳をつけないと、今では不安で仕方なくなるほどです。自分が持っているお金がいくらで、支払いがどれぐらいなのかを把握しておかないとホームレスになりかねません。

出納帳はネット上でもパソコンのソフトでもOK

SponcerdLink

私が使っていた以前の出納帳は『ひかる』と言う無料のソフトでした。この出納帳ソフトでお金の管理をしていました。自分のお金の管理をすることで、生活にかかるお金、借金返済のお金等が把握でき、最低限稼ぐ必要があるお金などもわかるようになります。

ひかる・出納帳

ひかる・出納帳

このソフトはとても重宝しましたが、最近はオンライン上で管理できる出納帳のソフトを使っています。私は銀行口座をネットから参照できるようにしていますので、複数の銀行の残高を見るには、それぞれを参照する必要がありました。

しかし、オンライン用の出納帳であれば、そのページを開けばそれぞれの銀行の残高や支払い状況をデータで抽出します。さらに楽天クレジットカードの利用状況もわかりますので、いろんな手間が省けます。

家計簿アプリ・マネーフォワード

このソフトはスマホにもインストールできますので、確認したいときにいつでも見ることが出来ます。ただ、スマホにインストールすると、スマホを落としたときに結構恥ずかしい思いをする可能性があります。

(このソフトは口座やクレジットの参照をするだけで、振り込みをしたりクレジットカードを利用できるわけではありません。)

家計簿アプリ・マネーフォワード

出納帳をつけることで多重債務を回避できる

借金癖が治らない人は自ら律する力が無い人です。以前の私は毎晩のように飲みに行ったり、毎週のようにゴルフをして散在していました。あの時、出納帳をつけていれば、多重債務からブラックにならずに済んだと今でも思います。

自分の収入がどれだけあって、自分の支払いがどれだけあって、自分の債務がどれぐらいあると言うことを把握していない人は意外に多くいます。

ブラックになっていない人で、貯金が出来ない、支出が減らないと言う人は出納帳をつけていません。厳しい生活であっても出納帳をつけている人は、収入と支出が把握できていますので、借金をして回すことはしません。

私は出納帳をつけるようになってから、自分の収入の中だけでやりくりするようになりました。もちろん、収入が低すぎて出納帳無しにはお金の管理が出来ず、家さえも失いそうだった現状もあります。

こういった追い込まれた現状は私を随分変えたように思います。是非、出納帳をつけて自分を律し、借金を返済し、楽天クレジットカードで再起しましょう。

借金生活を脱出するためのミニポイント

  • 出納帳をつけて自分の支払いを1円単位で把握する
  • 出納帳をつけて、自分を律する力を養う