アイフォンやエクスペリアなどのスマホを購入する際、携帯会社と割賦契約を結ぶ方が多いと思います。新品のスマホとなれば10万円ほどする高価なものも多いですから、一括で払うとなると厳しいモノがあります。

この割賦契約ですが私のようにブラックリストに載っている人間でも契約できるかですが、契約できる場合と出来ない場合があります。ブラックと言っても、携帯に関してのブラックと金融事故によるブラックは異なります。

私の場合は、携帯電話の踏み倒しはありません。10年ほど前は利用料金の延滞などが結構ありましたが飛ばしてはいません。遅れながらも支払っていましたので、いわゆる携帯ブラックではありません。

SponcerdLink

私のように携帯ブラックでなければ、高額なスマホの割賦契約の審査が通る可能性は十分あります。実際私がスマホを持ち始めたのはアイフォン5からです。

アイフォン5を割賦契約で購入し、1年後にアイフォン5sを2代目の分割で購入しました。アイフォン5は下取りで携帯会社(au)に買い取ってもらいましたので、買い取り分が分割払いにしばらくの間充当されました。

その後、アイフォン5の残債を一括で返済し、しばらくしてエクスペリアz3を割賦契約で購入しました。アイフォン5sを下取りに出しましたので、しばらくはエクスペリアz3のみの分割払いをしていました。

そして先月アイフォン6sを割賦契約で購入しました。来月にエクスペリアz3の残債を一括払いし、中古で販売する予定です。携帯会社が審査の内容として見ているのは下記です。

  • 他社の携帯を複数に渡って割賦契約をしていないか
  • 携帯料金を自社、他社ともにしていたり、強制解約を過去に起こしてないか
  • 携帯料金を常に延滞している常習者ではないか
  • 現時点で他の携帯会社の分割払いを延滞していないか

私の場合、上記に当てはまる人間ではなかったので、金融のブラックリストでも割賦契約を何度も契約できています。以上から金融のブラックがあっても10万円以内のスマホであれば、割賦契約の審査は通る可能性が高いと言えます。

携帯料金や割賦契約の延滞はCIC(信用情報)に傷がつく

SponcerdLink

金融のブラックに関して敏感な方は多いですが、携帯料金の滞納、滞納の放置に関して甘い方がいます。携帯電話の割賦契約は、普通にクレジットカードやローンを組んで商品を買うのと同じ内容です。

クレジットカードを延滞するとブラックになってしまうのと同じで、携帯電話の料金や分割払いを延滞するとブラックになります。まだまだこのことを知らない人が多いので、くれぐれも注意してください。

携帯会社は顧客を増やすために、ローンと言う言葉を使わずにスマホの割賦契約を結びます。

携帯電話・割賦契約・CIC

・ドコモ⇒「月々サポート」
・AU⇒「毎月割」
・ソフトバンク⇒「スマホタダ割」

いかにも可愛らしい名前で契約をさせますが普通にローンです。ローンを滞納すればブラックに載りますので、くれぐれもスマホの延滞には気を付けてください。20歳以上のお子様や知人がいらっしゃる方は特に注意が必要です。若い方は特にブラックの重さを知りません。

私も若い頃は延滞やブラックについて甘い考えを持っていました。40代になってクレジットカードを持てることがどれだけ幸せかを知りました。若い世代に大事なことを伝えるのは私のような中年世代の仕事です。若い世代に説き伏せる様にお伝えください。