SponcerdLink

携帯電話(スマホ)の販売価格は年々上がっていて、iphone6s plus 128gbに至ってはauで109,920円、Softbankで119.520円です。以前は携帯会社が携帯の本体価格を負担していましたが、現在は我々が負担する方式に変わっています。

iphone6s価格表

2年間に渡って分割払いしていきますが、携帯電話料金とスマホ本体の分割価格になりますので、契約の内容によっては毎月1万円近くを支払うことになります。独身男性サラリーマンにとっての1万円はそれほどの出費ではないかも知れません。

しかし、家庭があったり、以前の私のように安月給の派遣社員となると、かなりの負担になります。この負担が重なって携帯料金を滞納してしまう方が沢山います。

携帯電話料金の滞納によるブラックは2種類がある

SponcerdLink

この携帯の未払いですが、しっかりブラックリストとして記録されます。携帯未納の場合はブラックリストと言っても金融ブラックとは少し異なり、2種類のブラックがあります。携帯会社内ブラックと金融事故と同じ信用情報ブラックです。

携帯の基本料金と利用料金を滞納し強制解約されると?

携帯電話の使用料(基本料金と通話料金)の滞納が続いたために強制解約となった方は、携帯電話の各社が加盟している『電気通信事業協会』に登録されます。この登録されてしまった状態をブラックと言います。

電気通信事業協会

例えばauで滞納し強制解約されたので、次にドコモで契約できたとしたら、ドコモは顧客が他社で携帯未納をしているかと言うデータが無ければリスクを背負うことになります。このリスクをお互いの携帯会社が回避するために、電気通信事業協会で個人データを融通しあいます。

また、電気通信事業協会でのブラック情報は5年間データとして残り、5年経過後は自動的に削除されると言われています。

強制解約を携帯会社からされてしまった場合、5年間は携帯電話の契約が出来なくなっています。また、携帯支払いの社内ヒストリーに関しては10年以上データとして残ると言われていますので、一度強制解約となってしまうと当面携帯が持てないことになり得る場合もあります。

携帯の本体分割払い、基本料金、利用料金を滞納し強制解約されると?

携帯電話の本体を分割払いで払っている場合、本体の分割払い+基本料金+利用料金の支払いになります。携帯電話会社から合算で請求がきますので、分割払い分だけ支払うと言うことは出来ません。

よって分割払い+基本料金+利用料金が未納となります。未納状態が継続し強制解約となりますと『基本料金+利用料金』によって『電気通信事業協会』に登録されます。更に本体の分割払い分は個人信用情報機関であるCICに登録されます。

電気通信事業協会内でブラック、信用情報(CIC)でブラック

携帯未納ブラック

高が携帯電話の分割払い分未納によって、信用情報であるCIC、そして電気通信事業協会にブラックとして登録されてしまいます。CICに登録されてしまえば、普通の金融事故と同じですので、私のように住宅ローンが組めない、クレジットカードが持てないことになります。

もちろん、新しいスマホを割賦契約することも出来ません。

延滞して完済してもCICには5年間はデータとして残りますので、完済したからと言ってあなたの信用情報が回復することはありません。携帯電話の本体価格は10万円未満が大半ですが、10万円の支払いを怠っただけで人生のあらゆる場面に影響してきます。

自動車の購入、住宅の購入、子供のための教育資金のローンなど、家庭を持つうえで必要なローンが組めないのです。特に男性はローンを組む中心人物となりますので、ローンが組めないのは結婚も非常に難しくなります。

ブラッリストに載っていることを秘密にして結婚し、後々、住宅ローンや各種ローンが組めないことが奥さんにわかってしまうと、離婚原因に十分なります。下手すれば、重大な情報を開示せずに結婚していますので、慰謝料を請求されかねません。

10万円ほどの携帯電話の割賦契約をし未払いをすると、人生の歯車を大きく狂わせてしまうのです。くれぐれも携帯電話の延滞をすることなく、身の丈に合った生活をしてください。

借金生活を脱出するためのミニポイント

  • 携帯基本料金・利用料金を滞納すると電気通信事業協会でブラックになる
  • 携帯本体分割料金・基本料金・利用料金を滞納するとCICと電気通信事業協会でブラックになる