SponcerdLink

私がサラ金地獄に陥っていた頃の金利は最高で29.2%でした。自転車操業をしていた頃に借りた金融会社の金利は、通常時で29.2%でしたから今から考えると恐ろしい金利です。この恐ろしい金利を5社以上のサラ金業者から借りていたわけですから、とんでもない話なのです。

今になって思いますが、今から破産をしても金融会社には十分な利益をもたらしたと変な自負さえあるぐらいです。

最近の金融会社の金利は4.5%~18%前後です。借り入れする額によって金利が変わります。10万円未満であれば上限金利は20%、10万円以上100万円未満であれば18%、100万円以上であれば15%です。

100万円借りれば1年間で18万円の金利が発生します。18万円を12か月で割ると15,000円/月が発生します。『なるほど1か月に18,000円だったら返済できるな…』と思うとブラックへ近づきます。

借金は金利+元金を返済することでようやく減っていく

SponcerdLink

プロミスのホームページに返済シュミレーションのページがありますので紹介します。

例) 借入額100万円 返済期間36か月 金利17.8%

返済シュミレーション

金利だけでしたら月額18,000円ですが、元金をプラスしますと合計で36,000円です。3年間36,052円を毎月返済し続けますので、合計では1,297,853円になります。

100万円を借り入れすると、3年後には利息だけで30万円近く返済しています。30万円を36,052円で割ると8.3ヶ月になります。8か月間は利息のためだけに支払いしているのが金利の恐ろしさです。

毎月の返済は少ないように感じますが、金利を合計すると大きな金額を支払っています。これは17.8%と言う金利でこの数字ですが、これが私がサラ金業者に払っていた29%なると驚愕です。

例) 借入額100万円 返済期間36か月 金利29%
毎月の返済41,905円 返済合計1,508,593円 金利508,593円

金利のマジックに引っかかると私のようにブラックリストに載る

こんな金額を5社以上に渡って払っていたのですから、返済が終わるはずがないのです。返済を延滞する頃は、Aと言うサラ金に返済した日に数千円をもう一回引き出し、次のサラ金業者に行って、引き出した数千円と手持ちのお金を合計して返済していました。

まさに典型的な自転車操業を数年間に渡ってしていました。返済しても返済しても金利、元金とも減らず、サラ金業者のために働き続けた時期が随分ありました。

当時はインターネットなどなく、私の頭も相当悪かったので、『こんなに返済しているのに、何で借金が減らないんだろう』と考えた時期もありました。考えたところで金利29%に太刀打ちできるはずがないのです。
絶望・サラ金地獄

ご返済は計画的に

ご返済は計画的にと言う言葉はサラ金業者が生み出した言葉ですが、まさにその通りです。今の現状をしっかりと把握し、自分の収入と元金、金利などを数字で見直す必要があります。

金融会社に請求されるがまま返済していても、借金は減らないのです。収入が上がる見込みがなければ、金融会社に金利のストップや減額を申し出ないと永久に金利を払い続け、貧乏な生活から抜け出せません。

新しい未来を築くために、金利交渉、親族から借りての一括返済、ブラックに載ってもいいので返済を辞め、和解に持ち込んで金利をストップさせるなどの措置を検討する機会があってもいいと思います。

借金生活を脱出するためのミニポイント

  • 返済額を減らすためのアクションを起こす
  • 収入が増えないのであれば永久に借金完済は出来ない