ブラックリストに載っているとクレジットカードが作れないし、借り入れは一切できません。そもそも『ブラックリストに載る』と言うことがどういったことかを解説します。

ブラックリストという言葉は我々が使う造語であって、金融業界で正式に使われている言葉ではありません。個人信用情報機関が収集している個人情報の中で、延滞、破産などをしている人は分類されます。

個人信用情報機関のデータベース内で延滞、破産、債務整理などの分類されている人をブラックリストに載っていると言っています。ブラックリストという別枠の何かがあるわけではなく、あくまでもデータ上の分類と言う認識でいいと思います。

金融事故情報=ブラックリスト

我々がクレジットカードや借り入れをする際に、金融業者は個人信用情報機関に与信(問い合わせ)をします。その際に、延滞や破産などがありますとデータとして出てきます。するとクレジットカードが作れなかったり、借り入れが出来なかったりします。

多重債務でどうにもならないなら債務整理も検討の余地あり

SponcerdLink

自己破産や任意整理、再生、延滞などによる金融会社側からの契約解除などは、金融事故として扱われます。私の場合は任意整理、自己破産などは行っていませんが、延滞を継続しています。ですから、金融事故を起こしている当事者です。

個人の信用情報機関には『ブラックリスト』とは掲載されず、「異動」と記されます。私の個人信用情報は取り寄せ中ですが、多分「異動」と記載されていると思います。

金融事故=ブラックリストになると、なんだかとんでもない事態になってしまうと思いがちです。私も思っていましたが、意外にそうでもありません。クレジットカードが作れない、借り入れが出来ないというハンディを背負いますが、とてつもなく不便な生活と言う訳ではありません。

ブラックリスト

SponcerdLink

住民票、戸籍などに何かが掲載されるわけでもなく、誰かに知られるわけでもありません。ブラックリストに載ると年金受給、子供手当など、公的機関から受給に何らかの影響があるのではないかと思われがちですが、これも全く関係ありません。

繰り返しになりますが、クレジットカードが作れない、何らかの商品をローンで買えない、借り入れが出来ないというだけです。社会的に抹殺されるようなことはありません。

単純にクレジットカードを作ったり、商品をローンで支払ったりする事が不可能になるだけです。

ブラックリストを消す方法ってあるの?

ネット上に転がっている情報で、「あなたのブラックリストを消します」と言ったうたい文句でお金を取る場合があります。個人の人間が他人の信用情報のデータを操作することは絶対に出来ません。

ブラックリストを消すにはきちんと「債務整理」をすることです。昔の私のように延滞のまま放っておくと永久にブラックリストは消えません。借金返済が不可能だと思ったら、自己破産、任意整理、個人再生などの債務整理は選択肢の中に入れるべきでしょう。

自己破産、任意整理、個人再生などをした後、どれぐらいの期間、個人信用情報機関に掲載されるかは下記をご覧ください。

  • 「任意整理」 ⇒ 完済から5年程度
  • 「個人再生」 ⇒ 完済から5年程度
  • 「自己破産」 ⇒ 免責確定から5年程度
  • 全国銀行個人信用情報センター ⇒ 債務整理をしても10年間は異動「金融事故」として掲載され続けます。銀行関係は非常に厳しい措置を取ります。

債務整理を行わずに自力で和解し、楽天カードを死守する

私の場合はネットビジネスなどで生活が復活してきましたし、ブラックな状態でも楽天カードを取得出来ています。今後も楽天カードを使いたいと思っていますので、債務整理は行わず、自分で和解を持ちかけています。

和解できていない金融会社もありますが、毎月の返済がある程度の金額で安定すると和解に載ってくれる可能性が高くなります。

先日、大口を借り入れしている金融機関から債権を買い取った業者から、和解に関しての提案がありました。予測ですが、来春までには全金融業者と和解に持ち込めるよう、計画を実行しています。

私のように収入の面で復活の兆しがる場合、自力で和解し、借金を完全返済する方法も考えられます。この方法は、あくまでも収入面での見込みがある場合です。サラリーマンや派遣、アルバイトではほぼ難しいので債務整理を考えた方が得策でしょう