楽天クレジットカードを手にしてからは、普段の買い物やIT関係の支払いなどを楽天クレジットカードで支払っています。1回の支払いは1万円もしませんので、楽天カード側としては特に要注意な顧客ではないでしょう。

私の場合、楽天クレジットカードを手にしてから日が浅いので、楽天カードは私の動向をある程度注視すると思います。限度額は大きく貰っているのと、楽天VISAデビット、楽天銀行、楽天市場でのヒストリーから見ればまずまずの顧客層だと思います。

ただ、大きな買い物をするとなると、念のために楽天カードへ連絡しようと思っています。大きな買い物がいくらかといいますと、3万円以上の買い物をする場合は連絡するつもりです。

楽天カードなどの金融会社と懇意な関係を築くにはこまめな連絡

SponcerdLink

『たった3万円の買い物でわざわざ楽天カードへ連絡するの?』と思われるかもしれませんが、私は債権者と密な関係を取ることはとても大事なことだと思っています。返済を延滞している金融業者にも定期的に連絡しています。

最近はサラ金に対して少額の返済が遅れることはありませんが、以前は少額であっても返済が遅れることがありました。遅れそうになったら必ず連絡し、いつごろ入金できるかを伝えていました。

そうすることで債権者は私が何かあったら必ず連絡をしてくる人間であり、飛ぶような可能性は極めて低いと判断するからです。楽天カードへの連絡も、私は楽天クレジットカード内での社内ヒストリーがありません。

ですからそれほど信用できる人間ではありません。信用できる人間ではないからこそ、信用できる人間になる努力を怠ってはいけないと思います。無駄な使い方はせず、キチンと連絡をしてきちんと返済し続ければ楽天内での信用は増すはずです。

楽天カードのお問い合わせ先

楽天カード・問い合わせ

楽天カード側は私との会話をデータベースに登録し監視している

楽天カード株式会社を初めとする金融会社は、顧客とのやり取りをデータベースに蓄積しています。クレーマーと言われる人たちは企業のデータベースに入力され、要注意人物として管理されています。

楽天カードなどの金融会社に連絡する方は少ないと思います。しかし、私のようなブラックから楽天カードが作れた人、債務整理から無事に楽天カードが作れた人は、定期的な連絡をした方がいいと思います。

楽天カード・楽天クレジットカード

クレーマーではなく、定期的に連絡をくれる優良顧客として楽天カード側に認識して貰うことはリスク回避につながります。『楽天カードはいきなり契約解除になることがある』とネット上で見かけます。

何らかの理由があるように思いますが、我々では理由を知るすべがありません。楽天カードからの強制解約(エラーコード2)を避けるためには、出来る努力は全て行うつもりです。

私のようなブラックリストに載っている人間は、本来であれば楽天カードを持てません。楽天カードのような間口の広い審査があったからこそ、私は楽天クレジットカードを持てています。

楽天カードから貰ったこの機会を存分に生かし、楽天内のヒストリーを作っていきたいと思います。

楽天クレジットカードを継続利用するためのミニポイント

  • 楽天銀行には最低限の資金のみを預けておく
  • 楽天カードでクレジットヒストリーを作り、他のクレジットカードも視野に