SponcerdLink

ブラックリストに載ることは、ある意味、社会的制裁を加えられることになります。クレジットカードが作れない、ローンが組めないと言う期間が5年ほど続きます。しかし、楽天クレジットカードは私のようなブラックでも、門戸を広げてくれています。

金融のローン関係にはかなり不便が生じますが、賃貸住宅を借りる際も審査が通らないことがあります。賃貸住宅の連帯保証人制度が少しずつ崩壊していて、最近は連帯保証人をつける代わりに保証会社会社を連帯保証させます。

この保障会社が信販会社の場合、入居審査の際にCICなどの個人情報を照会します。その時にブラックリスト状態であれば審査落ちします。ですからブラックな人が保証会社を利用する際は、信販会社ではない保証会社を利用してください。

連帯保証人を保証会社・信販会社が代行

ブラックリストによる社会的制裁はこれぐらいでしょうか。

ブラックリストに載ってしまったからと言っても、会社を解雇されるわけではありません。ブラックを理由に解雇した場合は不当解雇にあたります。

就職や転職に関係することもありません。しかし、わざわざブラックリストに載っていることを公言する必要はありません。私自身がブラックな状態で10年ほど過ごしていますが、誰にも言ったことはありません。

ブラックになると他のクレジットカーが停止になる?

SponcerdLink

これはクレジットカード会社によってかなり異なります。仮にヤフークレジットカードと楽天クレジットカードを持っていたとします。ヤフークレジットカードで延滞をしてしまい、ブラックリストに載ってしまったとします。

すると楽天クレジットカードが止められてしまう可能性はかなり高いです。実際に、こういった境遇の方がいましたが、楽天カード株式会社からカード利用不能の連絡が来てしまい、クレジットカードが全滅したと聞いています。

楽天クレジットカードを延滞してブラックになり、ヤフークレジットカードが利用停止になるかどうかと言いますと、これは微妙です。楽天クレジットカードは途上与信を重視する傾向にあり、カード発行後に債務が膨らめばすぐに利用停止します。

途上与信・楽天カード・ヤフーカード

ヤフーカードに関しては楽天カードほど途上与信を行わず、また行ったとしても楽天カードほど厳しい措置は取らない傾向があるとも聞きます。

これは他のクレジットカードやサラ金に関しても同じで、他社で延滞があっても自社で優良顧客であれば、そのまま取引を続ける場合があります。実際に私がサラ金で延滞した際、通常の返済をしているサラ金会社とは取引が出来ました。

1社でも延滞してしまったのであればカードを切ってしまう

私の経験上やいろんな情報から判断すると、1社を2か月以上延滞してしまう人は往々にして、他のクレジットカードやローンの返済を怠りがちです。

ブラックになってしまったのであれば、自転車操業的なことは一切やめた方が賢明です。手元にクレジットカードがあると、ついつい甘えてしまい使ってしまうのが人間の性です。

ブラックになってしまった自覚があれば、全てのクレジットカードの契約をストップし、ローン会社にはこちらの事情を連絡してください。サラ金やローンなどに関しては、交渉次第で利息だけの支払いにして貰えたり、私のように1ヶ月1,000円の支払いだけで数年間待ってくれる会社もあります。

無駄な希望を持たず、自分を多重債務者のお金にだらしない人間だと自覚するのが、次のステップに繋がります。

どうしてもクレジットカードを持ち続けたいのであれば、やはり支出を徹底的にヘア氏、収入を増やす以外に方法はありません。心を鬼にして借金返済に全力を尽くさなければならないことを覚悟してください。

借金生活を脱出するためのミニポイント

  • ブラックリストに載ったら全てのクレジットカードを解約する
  • 支出を減らし収入を増やす事だけに集中して借金返済をする