ブラックリストになってしまうと、他に組んでいる住宅ローンや自動車ローンが一括請求される」という記事をたまに見かけることがあります。これは私の経験上も、ブラックに載っているほかの方の話を聞いても、一括請求されることはありません。

ただし、絶対に大丈夫だと言い切れない面があります。

銀行の住宅ローンの契約書にはこんな風に記載されています。「約定通りの返済を怠った時、又は民事再生、破産などの法的債務整理手続きを行った際、また、他の債権者から差し押さえを受けたときには、期限の利益を喪失し、一括請求する

銀行業務に携わっている友人に聞いても、信用情報のブラックが理由で住宅ローンなどを一括請求された人はいません。

JBA・全銀協

しかし、B銀行で住宅ローンを組んでいて、B銀行のVISAクレジットカードを延滞し続けてしまうとします。その際はB銀行の担当者から「このままでは住宅ローンにも影響し、下手すれば一括請求になります。一括請求されれば自宅が競売になります」と言われる場合は、結構聞きます。

この言葉を聞くと「家が競売にかかってしまう」とビビってしまいますが、実際にこの通りのことが契約書に書かれている訳ではありません。

また、競売にかけられて家を失ったと言う話もありません。回収するために銀行が苦し紛れにはなった言葉です。以上のことからブラックリストになってしまっても、他のローンの一括請求はされません。

ブラックリストになると本人宛に通知がくることがある

SponcerdLink

ブラックリストになる場合、どの金融業者の返済を怠るかによって信用情報機関の対応が異なります。私がブラックリストになったのはサラ金系です。ですから、基本的にはJICCにブラック情報が載っているはずです。

もし私が銀行の借り入れなどでブラックリストに掲載されていると、若干、ややこしい話になります。私が銀行の返済を延滞しブラックになると、全銀協から「事故情報が掲載されました」と通知がきます。

全銀協・JBAはブラックを通知する

全銀協はご親切にはがきを送付してくれます。そのはがきには「あなたの事故情報や処理は5年間残ります」といった説明が記載されます。金融事故情報もしっかり掲載されます。

その他の信用情報機関であるCIC、JICC、テラネットは、本人宛に「あなたはブラックリストに載りましたよ」と通知はしません。本人から開示請求したときにしか開示しません。

私が言いたいことがお分かりかと思いますが、銀行系の返済を怠りブラックリストに掲載されますと、自宅に通知がきます。自宅に家族がいる方は、延滞がもしかするとばれてしまうかもしれません。くれぐれも延滞にはご注意ください。

借金生活を脱出するためのミニポイント

  • 銀行系の支払いでブラックになると自宅に全銀協から通知がくる
  • 銀行系でブラックになったら、銀行系以外でクレジットカードを作る