SponcerdLink

クレジットカード、借り入れ、商品を月賦で購入する際、金融業者に対して申し込みをします。そして審査がありますが、その審査に満足できないことは多々あります。私も多重債務でサラ金を何社も回っていた時は、10万円しか貸してくれないサラ金会社もありました。

「なんで俺が審査に落ちたんだ、年収はそこそこあるのになぜ10万円しか借りれないんだ」と腹がたったものです。今から思えば当たり前なのですが、当時の私は無知でした。

この審査に関して金融業者は明確な返答をしません。なぜかと言いますと、クレジットカード会社や銀行、サラ金業者は、審査基準はもちろん、審査を通過しなかった理由を説明する法的な義務がないからです。

クレジットカード・ローンの審査基準

仮にあなたが一流企業の役付きであっても、弁護士であっても、審査が通過しなかった理由を聞き出すことは出来ません。

サラ金で10万円しか借りれなかったとき、窓口で「もう少し貸してほしい、何で借りれないんですか?」と言ったことがあります。すると「弊社の規定により10万円以上はお貸し出来ません」とやんわりと言われました。

審査基準はカード会社や融資担当者以外わからない

SponcerdLink

クレジットカードや借り入れの審査基準は、融資担当者しかわからないのが実情です。クレジットカードや借り入れに対する審査基準を明確にしている金融業者を見たことがありません。

もし明確にしているのなら、なぜ自分が審査をパスしなかったのか、限度額が低かったのかはわかるはずです。しかし、最近はクレジットカードにしても借り入れにしても、ネットから申し込みが出来て簡単に済んでしまいます。

簡単に申し込みが終了し、数分後には結果が出ています。この結果に対して理由が説明されるはずもなく、ただただパソコンやスマホの画面を見るしかありません。

クレジットカード・ローンの審査基準

クレジットヒストリーが綺麗なのに自分が欲しいクレジットカードが作れなかったり、限度額が低いと、カード会社に不信感さえ抱いてしまうでしょう。下手すれば何か自分の知らないところで、自分のクレジットヒストリーに大きな傷があるのではないかと感じてしまいます。

このことがトラウマになってしまい、金融関係の何かを申し込むことを躊躇してしまう方も沢山います。私の場合は全く逆で、「ブラックな状態で、よく私に100万円の限度額のクレジットカードをくれた」と感謝ばかりです。

私はブラックリストに載るダメな男ですが、限度額100万円の楽天カードを手にしました。かたや、クレジットヒストリーが普通なのに、限度額が30万円しの楽天カードしか手に出来ない事例は山のように転がっています。

クレジットカードやローンの審査が非常に見えづらい面があります。しかし、一つ一つリサーチしていけば、ある程度見えてきます。このある程度見えてくる部分を、さらに深く掘り下げていきたいと思います。

賢くクレジットカードを作るためのミニポイント

  • 審査基準は不明だが予測をすることは十分できる
  • ブラックでも限度額100万円の楽天カードが作れる