クレジットカードの審査に落ちるのは私のようにブラックリストに載っていたり、過去に延滞があったりすると場合と、「総量規制」の枠を超えた借り入れがある場合です。

総量規制」とは2010年の6月に施行された改正貸金業法に基づくものです。「年収の3分の一が個人の借入限度額」となり、この額を超えると、原則として新規の借り入れは出来なくなりました。
年収とは総支給額のことで、税金、保険などが差し引かれる前の額

この総量規制はクレジットカードのショッピング枠ではなく、キャッシュんぐの枠に関係します。また、銀行からの借り入れや事業用資金として個人での借り入れも、基本的には対象外です。

総量規制

例えば年収が400万円の方でしたら、借り入れ限度額は133万円までです。

仮に高所得者で年収1,000万円だったとしても、借り入れ限度額は333万円です。高所得者かつ、超一流企業や公務員であったとしても、333万円以上の借り入れは出来ません。どんなに素晴らしい肩書でも結果は同じです。

この総量規制による足キリによって、クレジットカードの審査に落ちる場合があります。

駐在員や出張が多岐にわたる人は総量規制の枠を超えている

SponcerdLink

私の友人は財閥系の商社に勤務し、海外を飛び回る仕事をしています。その際に、交通費や宿泊費などを一時的に建て替えることがよくあります。この建て替え払いをクレジットカードのキャッシングなどで建て替えるそうです。

この建て替え払いが結構な金額に膨らみ、会社から精算されるまでの期間は自分が借り入れをした状態です。そんな時に、もう一枚クレジットカードを作っておこうと思い申し込んだそうです。

すると、財閥の商社に勤める人間がクレジットカードの審査落ちをしたのです。彼のクレジットヒストリーは全く問題ありません。審査落ちしたのは総量規制に引っかかったのです。

SponcerdLink

自分の借金ではなく会社の経費をクレジットカードで建て替えてしまったばかりに、クレジットカードが作れないと言う残念な経験をしていました。

総量規制

改正貸金業法が施行されて「これ以上クレジットカードを作らない方がベター」という判断を国の法律で決められたのです。

自分が今どれぐらいの借り入れをしているか確認することは、クレジットヒストリーを積むうえでも、健全な借り入れを行う際にとても重要です。私の友人のように総量規制によってクレジットカードが作れなかった場合は、経費の建て替え方法を検討しなければなりません。

年収の低い方が借り入れ限度額が低いのは当たり前

年収が低ければ総量規制によってクレジットカードのキャッシング、限度額が低くなるのは当たり前です。自分が返済できる収入以上に借り入れを行えば、私のようにブラックリストに載ってしまいます。

そうならないための総量規制です。しかし、この総量規制を逃れるために宜しくないことを提唱する人たちがいます。クレジットカード・ショッピング枠の現金化です。

クレジットカードのショッピング枠限界まで、商品や新幹線チケットを買い、すぐに換金すれば現金になります。しかし、50万円のショッピング枠を使っても、換金手数料などで5~10%目減りします。

この方法でクレジットカードを現金化すれば、一時しのぎは可能です。しかし、必ず返済に行き詰まりブラックリストに載ります。そんな人を私は何人も見ました。

ブラックリストに載った私が思うのは、「借り入れ返済額は月収の10%以上以下」です。簡単に言えば、借り入れが出来てしまうとタガが外れてしまい、ついつい…となるのです。

クレジットカードのキャッシング枠、現金の借り入れは計画的にしましょう。

賢くクレジットカードを作るためのミニポイント

  • 素晴らしい肩書を持っていても総量規制からは逃げられない
  • 自分の借り入れを正確に把握する