SponcerdLink

総量規制が始まって以来、クレジットカードの申し込みの時だけではなく、クレジットカードの更新時に収入証明の提出を求められる場合がります。また、更新時のみならず、途上与信の際にカード会社の判断で収入証明を求める場合もあります。

総量規制は金融業界全体の慣例ではなく、しっかりと法律として機能しているのがわかります。以前のようにガンガン貸し出す業者が減ったのは個人的には賛成です。

クレジットカードの申し込みの際、「キャッシング枠」を申し込むかどうかを悩むと思います。私の場合はブラックですので、キャッシング枠は最初から頭にありませんでした。キャッシング枠を申し込まない方が審査に通りやすいと知っていたからです。

この「キャッシング枠」の申し込みは迷うと思います。私のようなクレジットヒストリーの方はキャッシング枠の申し込みはやめましょう。ショッピング枠だけの申し込みにする方が、審査は通りやすいです。

実際に私はキャッシング枠を申し込まずに、楽天クレジットカードを取得しています。
楽天カードはキャッシング枠無しで申し込むと審査が緩い

キャッシング枠の申し込みはクレジットカードの審査を甘くする?

クレジットカードを申し込む際にキャッシング枠を申し込むよりも、ショッピング枠のみで申し込んだ方が審査は通過しやすいです。キャッシング枠を申し込むことによって審査が通りにくくなったのは、総量規制が始まったからです。

この総量規制による「キャッシング枠」に対して、クレジットカード会社は敏感にならざるを得ないのです。ですから、クレジットカードを申し込む際は、ショッピング枠のみを基本的にお勧めします。

キャッシング枠を設定してスキミングされ被害に遭った

SponcerdLink

日本と言う安全な国にいても、クレジットカードが悪用されることはよくあります。悪用された場合はクレジットカード会社から我々に連絡が入ります。身に覚えが無ければ、すぐにクレジットカードはストップされ、被害はカード会社が補償してくれます。

この補償に関してですが、あくまでもクレジットカードの利用者が、カード会社の会員規約の要件を満たしている場合です。

不正利用された例として暗証番号が破られてしまい、キャッシング枠が限度額まで引き出される被害もあります。この被害ですが、内容によってはカード会社は補償してくれません。

被害に遭ったキャッシング枠を返済しなければならない事例が少なからずあります。こういった被害から自分を守るためにも、キャッシング枠を申し込まないと言うリスク回避も必要です。リスク回避のためにも、クレジットカードの審査を通過するためにもショッピング枠のみ設定して申し込みましょう。

賢くクレジットカードを作るためのミニポイント

  • キャッシング枠を申し込むと審査落ちしやすい
  • スキミングされキャッシングの被害に遭う