SponcerdLink

カード会社が顧客の情報をスコア化(数値化)し、審査しているのは前回の記事で解説しました。パチンコ店の店員、水商売系の方は離職率が高いのでスコアは低いです。私のようなフリーランスの人間も、スコアが低いのでカードが作りづらい職種です。

フリーランスで仕事をしている方の中には、とても年収が高い人がいます。しかし、カード会社や金融会社の信用度となると、相当低くなってしまいます。

信用度が低くなる原因ですが、カード会社の立場に立てばわかります。カード会社は「毎月きちんと返済をしてくれる人」を重要視します。フリーランスの場合は、年収で見れば高い場合がありますが、月々で見ると収入にばらつきがあります。

公務員のクレジットスコアは高い

私の場合も、月々の収入は一定ではありません。ですからカード会社からすれば、収入が低い月に返済を怠る可能性があるという不安があります。この不安が信用度の低さに繋がります。

毎月の返済にばらつきがあるフリーランスよりも、毎月の収入が一定のサラリーマンの方が安定感があります。安定感があるからこそ、「この顧客は返済できる可能性が高い」と判断され、クレジットスコアが高くなります。

更にサラリーマンよりも公務員のクレジットスコアが高いのは、リストラになる可能性と給与が削減される可能性の低さです。ですからカード会社や金融会社の中では、公務員が最強の職種と判断します。

芸能人と言う短期間に儲けられる商売のクレジットスコアは低い

SponcerdLink

月給と同じように年収にも安定感を求められます。テレビで活躍している芸能人が、クレジットカードの審査やローンの審査を通過しなかった話は沢山あります。芸能の場合は特にですが、数年間は稼げてもその後はわかりません。

この状況を解消するには、その仕事を長期間継続している、継続して高収入を得ているという実績が必要です。

ダウンタウンの浜田さんがブラックカードを持っているようですが、ダウンタウンは彼らが20代前半の時から売れ続けています。継続して高収入を得ていますので、カード会社や金融会社から抜群の信頼があります。

クレジットスコア

また収入的には十分な外資系企業の社員ですが、こちらも意外にスコアが低かったりします。外資系企業と日本企業の違いは終身雇用制か否かです。外資は利益が減れば、問答無用でリストラします。

ですから、いつ収入が止まってしまうかがわかりません。数年単位の雇用契約を結ぶ外資よりも、長期間の雇用が見える日本の中小企業の方がお金が借りやすかったりします。

職種のポイントは上記のような事を加味して、公務員は5ポイント、正社員は4ポイント、派遣社員は3ポイント、自営業は2ポイントと言う様に決定します。我々が申し込みの際に選択した職種は、自動的にスコア化されているのです。

カード会社・金融会社の審査の仕組み

  • 離職率が高い職種はクレジットカードが作りにくい
  • 自営業でも安定した収入であればカード会社の信用は上がる